2017年はビットコイン元年

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年はビットコイン関係者の歓喜と悲鳴とともに幕を開けました。

2016年の10月あたりからじわじわとあがり始め、2016年末に一時8万円台に達します。

2017年が明けてからもその勢いは止まらず、1月5日には8万円を突破して大騒ぎになりました。

しかしその日の夜から突然急落し、日付が変わる頃には5万円を割り込むところまで落ち込みます。
(ちなみにビットコインの取引は24時間365日取引可能です。クリスマスや年末年始もありません。)

ビットコインの価格が急落したのは相場に大きな影響を持つ中国で資本規制が強化されるという情報が流れたからですが、1月6日の明け方にははやくも持ち直し、昼ごろまでに一時8万円台まで回復してその後7万円前後で落ち着きました。まるでジェットコースターのような値動きです。

これだけ価格変動が激しいのはビットコインに対する期待と不安が高まっている証拠です。そしてこれだけボラティリティ(変動幅の比率)が高いということは、投資対象としては、リスクはそれなりにあるものの、その分魅力も大きいということになります。

あらゆる投資の基本は、安く買って、高く売ることだからです。

このように仮想通貨のビットコインは今やブームの様相を呈しています。

これからビットコインはどんなものなのか、どんな時に使えるのか、詳しく解説していきます。

お金の価値は使って初めて実感できるものです。

ごく簡単な手続きだけで始めることができるので、とにかく試しに使ってみたいという人のために「ビットコインの使い方」を一通り紹介します。

ビットコインの使い方


ビットコインを入手する方法はいくつか有りますが、一番手っ取り早いのはビットコインのアプリを手に入れ、ビットコインを扱っている取引所から「買う」ことです。

現在日本でビットコインを取り扱っている取引所はビットフライヤーやコインチェック、GMOコインなどが有名です。

誰でも好きな取引所を選んで取引を始めることが出来ます。

ウェブサイトやアプリのインターフェイスは常に更新されるので、ここでは操作画面を 記載せず、操作方法の概略だけを説明しますが、とてもシンプルで分かりやすい画面になっているので一度のぞいて見てはいかがでしょうか。

主要取引所例

ビットフライヤー
コインチェック
コインエクスチェンジ
GMOコイン
バイナンス(海外取引所)

ビットコインの取引を行うには、本人確認書類の提出が必要です。(マネー論ダリに具などの不正利用を防ぐ為です)

初めて取引所にアクセスするとメールアドレスの登録が求められます。

スマホの方はiPhoneやAppStoreなどからアプリをインストールしてください。

詳しくはこちらの【仮想通貨取引所への登録】をご覧ください

  • このエントリーをはてなブックマークに追加