【仮想通貨取引所への登録】初めてのビットコイン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


ここではコインチェックでのビットコインの取引を始めるための具体的な方法と流れをご紹介致します。

パソコンで取引をされる方はまず仮想通貨取引所にアクセスします。おすすめ取引所一覧はこちらの記事で紹介しています。

スマホの方は取引所のアプリをダウンロードしてください。

メールアドレスの登録


まずはメールアドレスを登録します。

登録するとすぐに折り返しの確認メールが届くので、そのメール本文のURLをクリックして本人確認画面にアクセスします。

フェイスブックのアカウントをお持ちの方は、フェイスブックアカウントで登録することも出来ます。

ですが取引を始めるためには本人確認の提出は必須となります。

本人確認画面を行う


本人確認画面では、住所、使命、生年月日など、必須事項を入力の上、運転免許証やパスポートなどの本人写真入りの身分証明書の画像と、本人が一緒に写っている写真を画面の指示に従ってアップロードします。
(免許証などを手に持って自撮りしたもの)

しばらくすると本人確認完了のメールが届きます。

さらに簡易書留で登録した住所にハガキが届きますので、そのハガキを受け取れば登録完了です。

取引画面の操作方法


今回はコインチェックの取引画面のを紹介したいと思います。

主な操作は6つだけです。その項目は
■入金する
■出金する
■コインを買う
■コインを売る
■コインを送る
■コインを受け取る

の6つになります。とてもわかりやすいですね。

入金する

現金の出し入れをするメニューです。先に円やドルなどの現金を取引所の指定口座に預けて、その範囲内でビットコイン手続きを行ないます。入金方法は銀行振込やコンビニ決済などがあります。

出金する

現金の出し入れに関するメニューです。ビットコインを売った代金を受け取りたい時や預けている円やドルのうち、現金で引き出したい金額を指定すればその金額があなたの銀行口座に振り込まれます。

コインを買う

ビットコインの売買に関するメニューです。。円やドルを支払ってビットコインを受け取ることを「ビットコインを買う」といい、ビットコインを支払って円やドルを受け取ることを「ビットコインを売る」といいます。コインを買うボタンで解体ビットコインの額を入力すると必要な日本円が自動的に表示されます。

コインを売る

あなたが買ったビットコインはあなたのパソコンやスマホにあるのではなく、取引所のサーバーに置いてあります。将来の値上げに期待してそのまま持っておくのも良いですし、現金かしたくなったら売ることもできます。

売るときは取引画面で売りたいビットコインの額を入力すると、売却代金の日本円が表示されるので、その金額を確認して「売却する」ボタンをクリックします。これでビットコインの売却は完了です。

コインを送る

ビットコインの送金と。自分が持っているビットコインを誰かに送ったりお店で支払ったりするときは「コインを送る」のメニューをひらきます。つまり送金も支払いも操作としては同じです。

コインを受け取る

ビットコインは自分から送るだけでなく相手から受け取ることも出来ます。

何かを打った代金としてビットコインを受け取ったり。銀行振込などの代わりに送ってもらったビットコインを受け取ったりするシーンが考えられます。

コインを受け取るのメニューを開くと入金用のビットコインアドレスが表示されるのでそれを送ってくれる相手に知らせます。

QRコードも自動で取得できるので、それを相手に教えればアドレスを入力する手間が省けます。

最後に

仮想通貨と聞くだけだととても難しいもののように感じる方もいるかと思い明日、実はびっくりするくらい簡単に取引可能なんです。

使わず嫌いのかたは是非一度使ってみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加